日本LOL新聞

Japan League of Legends Times

2018年の思い出(LOLのことやブログのこと)

ãLeague of legendsã2018ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

皆さんこんにちは。日本LOL新聞です。

 

時間の流れというものはとにかく早いもので、今年もあと12時間ほどとなりました。

 

2018年というのは私にとってもとても大きな年でしたので、今回は2018年で印象に

残った出来事を振り返っていきたいと思います。

 

 

5月 日本LOL新聞がオープン

f:id:hidesigemi:20181004180817j:plain

ブログを始めたきっかけは一緒に遊んでいた友達から

「海外の情報とか詳しいからそれをまとめてよ」という何気ない一言だった。

当時は友人の助けになればいいや、というスタンスだったふぁ投稿する度に増えていく

PV数の虜になってしまい、今ではほぼ毎日更新するようになってしまった。

人生本当に何があるか分からない。

 

6月 Threshの代名詞ことMadLifeが引退を発表

彼が暴れまわっていたころを知らない私でも知っていたぐらい有名な選手である。

MadLifeが引退を発表。コミュニティ内でもかなりの衝撃が走った。

今思うと今年は彼の他にAmbitionも引退を発表しているから

何だか時代の流れを感じる年である。

 

7月 何気なく投稿した記事がとんでもなくバズる。

ブログ開設当初は平常時3PV、よくて20PVという細々としたものだったが

何となくまとめてみようと思い、投稿したこの記事がまさかの大ヒット。

多分この記事だけで、1万PVは稼いでる気がする。

 

来年はこんな記事がもっと書けるようにがんばりたい。

 

8月ごろ 絶不調のFaker

今年はSKTファン及び、Fakerファンボにとっては試練の年だったと思えるぐらい

試練の年だったと思う。WCS王者陥落からの国際大会不出場。

そしてスタメン陥落。

 

だが日本に来てくれるなどのうれしいニュースもあった。

来年はもっと暴れまわるFakerが見たい。

 

9月 DFMがついにLJLの王者を奪還する。

undead0lol0fan.hatenablog.com

取り返せない玉座、最強のメンバーなのに最強じゃない、と何度も日本最強の座を阻まれ続けたDFMがサマーシーズンでついに王者奪還に成功した。

 

普段表情の起伏が少なくて冷静なCeros選手がインタビュー見せた涙が、

その玉座の大きさがどれほどのものかを私たちに悟らせるような感じがして、見ている私にまで涙が湧き出てきた。

www.youtube.com

改めて、Ceros選手、DFM。王者奪還おめでとう!

 

10月 LJLの快進撃 in WCS

リーグ開始当初から、必ず1回戦で負ける地域、世界最弱地域、観光旅行だと

コミュニティ内で散々な評価のLJLであった。

 

そんな疑い晴れない中で始まったWCS。そこに移ったのは縦横無尽に暴れまわる

DFMの姿であった。彼らがここまで快進撃を成しえたのは、誰が相手でも自己を貫き通す、という彼らの強い意志があったからだろう。

 

惜しくもグループステージ突破とならなかったが、来年はきっともっと上に行けるはずだ。

 

改めて夢をありがとうDFM。おめでとうLJL。

 

12月 LJLの改変&Hungry Summonersに加入

f:id:hidesigemi:20181221174702p:plain


PENTAGRAMの解散という衝撃のニュースから始まった怒涛の12月

そこからLJLの改革が発表され、コミュニティ内は騒然だった。

リアルの事情&気分で筆が止まっていた筆者も、これを期に何かをしないと、と思い

コミュニティ大会の運営に参加&ブログを再開。

 

なんだかんだ今年で一番でかい出来事があったのは12月だなぁ。とこの記事を

書いている今思っている。

 

あ、そうだ。1/5と1/6にHungry Summoners Cupが開催されるから

是非見に来てほしい。

f:id:hidesigemi:20181231135635p:plain

見る側も開催する側も誰もかもが、損をしない大会というコンセプトで運営しているからきっと、楽しい大会になると思うよ。

 

来年の目標

とりあえず10万PV&もっと記事を見てもらえるように頑張る。

コミュニティ内でLOL新聞の名前がもっと知られるようになりたい。