日本LOL新聞

League of legendsの沼にはまった人のブログ 節操なくいろいろやってます!

翻訳記事:DFM Ceros「残念ながら、日本のLOLシーンは発展途中なのです。」

 

WCSのグループステージへの切符を賭けた戦いで、DFMはEDGに0-3というスコアで敗北した。

 

惜しくもDFMのWCSへの道は閉ざされてしまったが、プレイインを通した彼らのプレイからLJLの可能性が垣間見えたのである。

 

以下はDFMのCerosに対するインタビューである。

 

これでシーズンは終わりましたが、自分に何点をつけたいですか?

 

日本のLOLシーンにとっては素晴らしい結果だと思いますが、負けてしまったのはとても残念です。

 

プレイインでは全く見られなかったハイマーを3回もピックしていましたね。その理由は何でしょうか?

 

初戦ではEDGがバンしてこなかったので、ハイマーでどこまでいけるかと思ってピックしました。

 

2戦目はEDGがアカリを先にピックしてことから、自分はアカリに対して自信があったのでハイマーをピックしました。

 

でも今でも6レベル時のガンクについては後悔が残ります。

 

あなたにとってハイマーの魅力とは何でしょうか?

 

上手くプレイしているときには、ハイマーは自分ができる最良のチャンプのように映ります。

 

またギャンクされたときでさえ、一人のチャンピオンをピック出来るのは強いですね。

 

また、メタのチャンピオンに比べて対処されにくいのもいい点です。

 

EDGは世界的なチームですが、戦ってみてどう思いましたか?

 

中国のチームはハンドスキルが高いイメージがありましたが、実際に戦ってみてあらゆる部分が優れているチームだなと感じました。

 

日本のLOLシーンは成長していると思いますか?

 

ブラジルのKaBuM Esportsを下したことから、過去に比べて日本は大きく成長していると思います。

 

誰か、あなたが信頼しているもしくは会ってみたい選手はいますか?

 

ミッドレーンで参考にしている選手はいませんね。

選手として好きなのはメタじゃないチャンピオンを使っている選手ですね。

 

もしチャンスが与えられたとして、日本以外のリーグに参加したいですか?

 

そう考えたことはないです。 コミュニケーション面が不安ですね。

 

翻訳元:

www.inven.co.kr

 

あとがき

多くの人には惨敗にしか映らなかったと思うけど、なんとかして逆転しようというDFMのもがきとCeros選手のハイマー3連続ピックという意地には感動しました。

 

来年もっと上へいけることを期待して、これからも応援していきたいです!