日本LOL新聞

League of legendsの沼にはまった人のブログ 節操なくいろいろやってます!

翻訳記事:DFM、KaBuMを破り悲願のノックアウト進出

44310186044_c6f7c86dac_k

 

DFMがKaBuMに綺麗な勝ち方でタイブレークを勝利したことによって、プレイインステージを突破した。

 

プレイイン3日目当日、KaBuMとDFMが同率2位という結果になってしまったことで、タイブレークが行われることとなった。

 

DFMにとってはかつてのWorldsで日本チームの誰も成し遂げることができなかった悲願、プレイイン進出がかかっていることもあり、大きなチャンスであった。

 

一方KaBuM側としても、4年前に成し遂げたグループステージ進出という大きな偉業を再び達成するためにも絶対にこのタイブレークは勝たなければいけなかったのである。

 

そして運命の一戦が開幕し、両チームともに、エンゲージが得意な構成でスタートした。

 

 ▲両チームの構成、DFMは得意もしくはうまくいったチャンピオンを

 中心にドラフトを組み立てていた。

 

開幕15分までは大きな戦闘は見られなかったが、DFMがドラゴンを争う戦いに勝利し、小さなリードを築きあげた。しかし、その後も試合を決するような大きな展開は訪れなかった。

 

試合開始から20分立った時に、DFMのEviとStealがスニークバロンを開始し、残りのレーナーはKaBuMが邪魔をしてこないよう努めた。

 

これによってDFMは膠着を打破するほど大きな威力を持つバロンを獲得し、瞬く間にKaBuMのベースタワーを破壊した。

 

それを受けて、KaBuM側はずっと小さな有利を作られていたせいか、バロンバフを対処できるほどの力をまだ持っておらず、結果としてDFMは一度も倒されることなく勝利し、ノックアウトステージの進出をもぎ取ったのであった。

 

 

翻訳元:

dotesports.com

 

あとがき

ついにDFMが大手Esportsメディアに取り上げられた!と

舞い上がって翻訳。

 

小さな記事だけどとんでもなくうれしいし、DFMも最高のチームだと思う。

 

夢をありがとうDFM。グループステージに向けて頑張ってください!