日本LOL新聞

League of legendsの沼にはまった人のブログ 節操なくいろいろやってます!

翻訳記事:「Cloud9 Jensen :負ける気がしない」

Cloud9(以下:C9)の躍進が止まらない。 C9は7つ目の勝利を獲得し、プレイオフへの切符した。

C9がプレイオフ進出の資格を得たことは奇跡といえるだろう。

SneakyとJensenという二大ビッグスターを抜いた衝撃のロースターとSmoothieのトレードといった悲劇があったにも関わらずだ。

 

とくにJensenの伝説的なFizzもプレイオフ進出の要因だろう。得に土曜日に行われた100Thievesでの活躍が顕著だ。

 

レイオフ進出という偉業を成し遂げましたか、次はどうチームを導きますか?

 

最悪からのスタートで始めたからまるでローラーコースターのようだよ。

どのように改善したかは言いにくいけど、様々な変化を経てきたのは確かだよ。

間違いなく今の状態はいいと言えるね。間違いなく俺たちがプレイオフ進出チームで最強と言えるね。

 

C9とC9 Academyを行き来する中で、どのような部分を良くすることに焦点をあてましたか?

 

最初は、ロースターに残れなかったから落ち込んでいたね。

とても不公平と思ったけど、同じ状況に陥った近しい友人と一緒に乗り越えたよ。

友人にアドバイスをもらった後、自分自身に出来ることに焦点を当てることと、できる限り自分を向上させることが大事だと結論付けたよ。

 

あなたがメインロースターに加わってから、BlaberとZeyzalもメインロースターに加わりました。過去のスプリングと比べて、チームメイトとしての成長とC9のアイデンティティーを変化させることについてはどうしましたか?

 

俺は異なるロースターでの試みはよかったと思っているよ。スプリングでは自分たちの方向性を決められなかったことと、受け身なプレイをしていたせいでパッシブなチームになっていたよ。俺たちはアグレッシブである必要があったから、様々なことをアグレッシブな方向へ変化させたんだ。だから間違いなく俺たちは最強だし、恐れるものはないよ。

 

あなたの目を引くチームはありますか?

 

NALCSを見ても恐れるに値するチームはいないね。ベストを尽くしたいならベストなチームを倒さないといけない。だから誰が来ても関係ないし、どのチームに対してもアドバンテージを握っていると思うよ。

 

C9にとってローラーコースターのようなスプリットでしたが、プレイオフ進出の資格を経た後のチームの雰囲気はどうですか?

 

レイオフを決めたことと、俺たちが強いという確信から、チームの雰囲気はとてもよく感じるよ。俺はチームのロースター変更の繰り返しは成功だと思っている。

goldenglueとSvenskerenの活躍も間違いなくチームとしてはプラスだった。

 

今全てがうまくいっている。プレイオフが楽しみだよ。

 

翻訳元:

www.invenglobal.com

 

あとがき

何気にNAで一番国際戦の成績がいいのはCloud9な気がする。