日本LOL新聞

League of legendsの沼にはまった人のブログ 節操なくいろいろやってます!

翻訳記事:Fakerが久しぶりに試合に出場

 

レギュラーシーズンでの最後の試合でFakerは実に7試合ぶりにLCKに出場した。

PireanがFakerのポジションを奪い取って以降、ファン達はスーパースターの復帰を待ち続けなければならなくなった。

 

一方Pireanが試合に出場するようになってからSKTは4勝2敗という好成績をたたき出している。

 

一度サブに回された選手のパフォーマンスが改善しているかについては疑問が残るところだが、SKTのブレイン、Kkoma氏は常にチームにとって最良となる選択肢をとることで有名である。

 

彼の判断が最善であったかを証明するにはFaker自身がかつての’’Demon King’’という称号を取り戻せるぐらいの活躍を見せることにかかっているのだ。

 

そして、我々ファンにできることは、Kkomaの判断とFakerの活躍に信頼を置くことだけである。

 

以下が最近のFakerのOP.GGであり、Pireanがラダー4位なのに対して、Fakerは2位という好成績を収めていることがわかる。きっとスランプから脱却できたはずである。

 

 

あとがき

まさか空港で記事を書く日がくるとは思わなかった。。。。。