日本LOL新聞

League of legendsの沼にはまった人のブログ 節操なくいろいろやってます!

零細ブログマンが選ぶ!(2回目ェ!)League of legends 世界を驚かせた試合ベスト5!

              f:id:hidesigemi:20180807125354p:plain

 

はい、皆さんこんにちは。

 最近アカリを使えないUndead manです。

 

Twitterアカウント↓ 基本更新告知しかしないアカウント。Sejuporoさんはすごい。

twitter.com

 

もう夏も早いもので8月の半ばに突入しており、LJLでもサマースプリットは終盤へと差し掛かっている。そしてLJLの終盤が何を意味するのかというと、今年もWorld Champion ship(WCS)の時期が近づいてきたということだ。

 

中期大会のMSIとは異なり、WCSは参加チーム、規模、大会期間などが桁外れである。

WCSの面白いところは大会期間中にメタがコロコロ入れ替わったり、とんでもない戦略が編み出されたり、またダークホースが輝いたりと、様々なドラマが生まれるところだ。

 

そこで今回は国際大会にフォーカスして世界を沸かせた試合をピックしていきたいと思う。 

 

今年のWCS鑑賞のお供になると幸いである。

  

 

第5位! WCS 2017 Fnatic vs Giga byte marines

www.youtube.com

第5位はFNC vs MSIで大暴れしたLevi率いるGAMの一戦。

当時ジャングラーはグラガス、セジュアニ、ジャーヴァンⅣ世のエンゲージタンクしか価値がないとされている中でのLeviはノクターンをピック。その時点で驚きだが、GAMが仕掛けたのはレーンスワップ&超ハードリーシュ。それによって急激の育ったLeviのノクターンとNowayのトリスターナが全てを掻っ攫った結果となった。

 

今思えば、ファンネリングの原型はここから来たのかもしれない。

 

第4位!! WCS 2016 Semi Final Game2 ROX vs SKT

www.youtube.com

第4位は正にダークホースの名が相応しいROXが王道のSKTに繰り出した一戦。

当時最強と言われていたザイラサポートに対してGorillaが繰り出したのはなんとミス・フォーチュン。

あまりにも意外過ぎるピックだったため、Revol氏も「これは、ピックミスではないですよね?」とこぼしている。

 

結果としてMFのEによってザイラの植物は終始消し続けられ、アッシュとのウルトコンボでボットレーンを破壊し、ゲームを勝利に導いた。

正に王者LCKの対応力の高さが垣間見えた瞬間である。

 

そして後日、日本鯖でもMFサポートが大量発生し、ADCがティルトしたのであった.......。

  

第3位!!! WCS 2017 SKT vs EDG

www.youtube.com

第3位はGroupStageでのSKTとEDGの一戦。

EDGのScoutはFaker操るオリアナに対してルシアンを当て、更に徹底的なFaker潰しを行って10000ゴールド差をつけることに成功する。

 

誰もがEDGが勝つな、STKオワタと思っており、EDG自身も試合中にエモートを出すなど余裕綽々であったが、そこで彼らを待っていたのはWolf操るラカンによる完璧なエンゲージに合わせたSKTの芸術的な集団戦であった。

 

その結果、SKTは10000ゴールド差をあっという間になくし、勝利したのである。

世界中のサモナーに王者はSKTと再認識させた試合であった。

 

第2位!!!! WCS 2017 Final SKT vs SSG

www.youtube.com

第2位はSSGがSKTの都落ちを成し遂げた一戦。

前予想では誰もが結局SKTが持っていくと予想していたが、序盤からSSGが好調であり、2戦をもぎ取り王手へを掛ける。

そして三戦目、FakerはBangに全てを賭けるためにカルマをピックし、なんとかチーム支えていく。

しかし一瞬の隙を見せたところにRuler操るヴァルスのFlash in ウルトでFakerを落としきり、悲願のWCSでの優勝を勝ち取る。

(実はこの時Fakerのフラッシュはあと2秒で使えた)

Group stage、準決勝、決勝と泥船のチームを最後まで守り続けたFakerが皮肉にも敗北の原因となった。

 

GenGとチーム名を変えたSSGが今年のWCSで連覇を成し遂げられるか、注目である。

 

第1位!!!!! MSI 2018 Final RNG vs KZ

www.youtube.com

栄えある第一位に選ばれたのはRNGが天下を奪い取った一戦。

常に栄光にあったFakerと比較され、無冠の天才と称されてきたUzi

そして常に2位であることを強いられたLPL全体の悲願が実った試合。

 

RNGのすごいところは最後まで一貫して、子犬(Uzi)を育てるを貫き通したことである。

恐らく今年のWCSでもRNGは出場するため、王者(GenG)の座を奪い、LPLが真の世界最強地域に君臨できるかどうか今から楽しみである。

  

編集後記

今年は日本勢活躍してくれるといいなぁ~。

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)