日本LOL新聞

League of legendsの沼にはまった人のブログ 節操なくいろいろやってます!

ソロキューでのランクの上げ方(心構え編)

          f:id:hidesigemi:20180806084910p:plain

 

やぁ皆さんこんにちは。普段LJLとeSportsの翻訳しかやってないUndead manだ。何なら翻訳の対象はほぼFakerだ。Faker大好き。

 

League of legendsを普段から愛してやまない皆さんならソロキューというものをご存じだろう。そうランクモードだ。このゲームの競技性を生み出しているのと同時にこのゲームで最もしんどいゲームモードだ。

 

そこで今回の記事では筆者が普段から心がけているランクをプレイする上での心構えを述べていきたいと思う。

 

ブログマン、しかもLOLブログ界の底辺が何言ってんだ、と思うかもしれないが私も一応このゲームのハードユーザーであり、今シーズンだけでランクは500戦ぐらい回している。

 

もちろん、全てを真に受ける必要はない。自分に足りないなと思ったもの、盲点だな、と思ったものなど、好きな部分だけ使えばいいと思う。

何なら何言ってんだこいつ。バカだろと思って晒してもらっても構わない。

 

 

▲心構え No.1 脳死はやめよう。

     ãè³æ­»ãLOLãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

よくソロキューやノーマルでOP.ggなどに掲載されている統計上最も使用率の高いビルドをどの試合でもしている人を見かけるが、これは絶対にやめよう。

何故なら多くの人が用いるということはその対策も多くの人が認知しているということになるからだ。

装備を積む際は必ずこの装備はこの点が強い、この対面にはこれが効くなど考えてから積むようにしよう。

 

▲心構え No.2 チャットを使用しないこと

ãlol chat memesãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

試合中は必ずチャットを使用しないこと。指示はピンを炊くぐらいに留めておこう。

何故ならその何気ないチャットはチームを崩壊させる恐れがあるからだ。

筆者も試合でタワー先に折ってほしかった、といっただけでAFKされたことがある。

 

また、自分では一般論と思っていても、他人から見たら極論と思われることはいっぱいある。自分の常識は他人の非常識、これを心がけよう。

もちろんうまいプレイをしたときのGJやお前神かよ、などは全然かまわない。

チャットをする場合は‘’必ず’’ポジティブなことをチャットしよう。

 

▲心構え No.3 他人を責めない。他人のせいにしない。

ã人ã®ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

自分が対面をフルボッコして育ったのに、味方が育ってなくて集団戦で負けてGGになる試合に立ち会うことがあなたにもあると思う。

でもそれを責めてはいけない。絶対にだ。

何故ならソロキューは個人技を争うゲームだからだ。もし自分以外が育ってなくて負けたとしても、自分の育ち具合が足りなかったと思って次に行こう。

 

なぜこのようなことを言うかというと、他人を責める癖がつくと、自分が間違ったプレイをして負けた際に自分は悪くないという勘違いに陥り、成長が止まるからだ。

 

ソロキューにおいての一番の大敵は自分自身の停滞だ。そしてその停滞は自分自身の弱点の不認知から始まる。

 

どうしてもムカついて悪口を言いたいときは口に出そう。

▲心構え No.4 ネガティブなことをいう人は即ミュートしよう。

ãLOL muteãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

自分がフィードしてチームの状況が芳しくないときに、自分ばかりに暴言、煽りピンを炊いてくる人がいるだろう。その人のことはさっさと無視して自分なりになぜフィードしたかを分析する作業に移ろう。

 

また、フィードした自分を責めてはいけない。責めるのではなく、原因を分析するのだ。個人的にランクで最も成長できる瞬間はフィードした時だと思っている。何故なら自分の弱点が顕著に表れるからだ。

 

もし味方が責めてきても、またバカが何か言ってるよ、お前がもっと育てばええだけやんけ、悪口言われてる俺が主役や!と思っていればいい。

 

▲心構え No.5 回すことを恐れないで!

f:id:hidesigemi:20180806085859p:plain

 

皆さんもよく思うだろう、ランクを回すのが怖い。負けて勝率が更に悪くなるのが怖い。勝率50%を維持できている現在の状況が壊れるのが怖い。降格したくない。悪口を言われたくない。負けたくない。など様々だ。

 

筆者もよく、今の状況を維持したいからランクを回さないんだ、という人を良く見かけるが、非常にもったいないと思う。(というか筆者もたまに怖くて回さなくなる。)

 

何故ならその人は間違いなく停滞するからだ。このゲームに存在するチャレンジャーやその他高レートの人間が強い理由は数をこなしてきたからだ。

量と質は違うようにみえるが実際は同じなのだ。

恐れずに回そう。そして負けた分だけ何故負けたかを研究しよう。

 

それでMMRが死んだとしても気にしないことだ。なんならサブアカウントでも作ってやり直せばいい。

 

▲心構え NO.6 OPGGは見るな!

          f:id:hidesigemi:20180806090038p:plain 

 

良く試合前のロード画面でOPGGを見て相手のレートを確認して、うっわ相手のレート高い、味方のMMR低くね?と言う人がいるが、絶対にやめよう。

 

何故なら心理的に自分は不利を背負っているというバイアスがかかり、実際にそれが現れるからだ。病は気からと同じ様に、敗北は気からなのである。同様にMMRチェックも絶対にやめることだ。

どうしても確認したいなら試合後に確認することである。

   

あとがき

自分語り記事第一弾!正直割と自分向けに書いたつもり、これを読んで実践すればきっとレートは上がるはず。(筆者は上がった。)

 

Twitterやってるよ~~↓

twitter.com 

 

Legends Never Die (feat. Against the Current)

Legends Never Die (feat. Against the Current)